2017年05月18日

1日たったの13分でみるみるよくなる視力回復法~自宅トレーニングセット・CD-ROM,メールサポート付~



視力が低下したら、まず誰もが何の疑いもなく、眼科を受診されると思います。

眼科はもちろん、目の病気を治す、専門の医療機関ですが…

視力回復センターではないので、視力を回復することが目的ではないのです。

あくまでも、結膜炎、白内障、緑内障などの"眼の病気"を治すところなのです。

そしてもう一つは、子供の近視は病気ではないということです。

そのため、眼科医のほとんどの先生はレーシックという視力回復手術以外の方法で
「近視を治す」ということを考えていません。

「トレーニングによる視力回復方法」自体が認められていないのです。

近視で眼科を受診すると、「ミドリン」「サンドール」といった
「近視治療」と称した目薬を処方されますが、
この目薬は眼の瞳孔を開く散瞳薬であって、
近視を治すための目薬ではないのです。

この目薬を点眼するとその名前の通り瞳孔が開きます。

もし昼間に使用すると、まぶしくて眼を開けていることができません。

「夜寝る前にだけ使用してください」、と言われる所以です。

近視を治す目薬ではなく、瞳孔を開く目薬なので、よくなるのだと思い込んで一生懸命点眼していても
近視は治りません。点眼すればするほど、ピント調節能力は落ち見にくくなります。

嘘だと思ったら是非、一度試しに親御さんが点眼してみてください。

私の言葉がまぎれもない事実だということを実感として理解いただけると思います。

さらには、「ワック」という機械を使った"トレーニング"を
受けるように勧められた経験があるのではないでしょうか?

しかし残念ながら、当店には目薬を点眼しながらワックを2か月間通って駄目だったという方が
数えられないほど入会されている現実があります。



眼科だけではありません…
巷の噂や他人の体験談を頼りにした視力回復
ノウハウというのはどんなタイプの人が取り組んでも
それ相応の結果が得られるものであり、
実績のある、効果実証済みのトレーニングを実践した方が、
視力回復に成功する確率が高くなります。

しかし、「○○ちゃんがこれでよくなったから」という安易な理由で、
ある特定の人が視力回復に成功した方法を試してみたところで視力回復効果は期待でるとは限りません。

なぜなら、それはあくまでも他人の体験談であって、
あなたのお子さまの目の状態も全く同じとは限らないため
同様の効果を得ることができるという保障は全くないからです。

重要なので繰り返えさせていただきます。

ただ他人の体験談をノウハウにしたような視力回復法を試せば誰でも視力がアップする、
というものではないのです。

視力回復法とは誰にでも効果がなくてはなりませんし、
そして、誰にでも実行できるもの でなくてはいけません。

これが視力回復のプロとしての 私の持論です。

そして、様々な試行錯誤の上、たどり着いた答えを形にしたのが今からご紹介する
『アイ・トレーニング コンプリートパック』です。
多くのプロ野球選手やプロボクサーなど
この方法は、10年間で2098名のお子さまの視力を0.8以上に回復させてきた、
改善率90%以上を叩き出す、効果実証済みの視力回復法です。

アイ・トレーニングは、科学的トレーニングプログラムです。

NPO「日本視覚機能向上研究所」の人体メカニズムに対する研究と、
数多くの実験・検証を繰り返した末に完成しました。


>>>1日たったの13分でみるみるよくなる視力回復法~自宅トレーニングセット・CD-ROM,メールサポート付~





posted by こうちゃん at 17:08| Comment(0) | 視力回復 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月17日

1日たったの13分でみるみるよくなる視力回復法~自宅トレーニングセット・CD-ROM,メールサポート付~



視力が低下したら、まず誰もが何の疑いもなく、眼科を受診されると思います。

眼科はもちろん、目の病気を治す、専門の医療機関ですが…

視力回復センターではないので、視力を回復することが目的ではないのです。

あくまでも、結膜炎、白内障、緑内障などの"眼の病気"を治すところなのです。

そしてもう一つは、子供の近視は病気ではないということです。

そのため、眼科医のほとんどの先生はレーシックという視力回復手術以外の方法で
「近視を治す」ということを考えていません。

「トレーニングによる視力回復方法」自体が認められていないのです。

近視で眼科を受診すると、「ミドリン」「サンドール」といった
「近視治療」と称した目薬を処方されますが、
この目薬は眼の瞳孔を開く散瞳薬であって、
近視を治すための目薬ではないのです。

この目薬を点眼するとその名前の通り瞳孔が開きます。

もし昼間に使用すると、まぶしくて眼を開けていることができません。

「夜寝る前にだけ使用してください」、と言われる所以です。

近視を治す目薬ではなく、瞳孔を開く目薬なので、よくなるのだと思い込んで一生懸命点眼していても
近視は治りません。点眼すればするほど、ピント調節能力は落ち見にくくなります。

嘘だと思ったら是非、一度試しに親御さんが点眼してみてください。

私の言葉がまぎれもない事実だということを実感として理解いただけると思います。

さらには、「ワック」という機械を使った"トレーニング"を
受けるように勧められた経験があるのではないでしょうか?

しかし残念ながら、当店には目薬を点眼しながらワックを2か月間通って駄目だったという方が
数えられないほど入会されている現実があります。



眼科だけではありません…
巷の噂や他人の体験談を頼りにした視力回復
ノウハウというのはどんなタイプの人が取り組んでも
それ相応の結果が得られるものであり、
実績のある、効果実証済みのトレーニングを実践した方が、
視力回復に成功する確率が高くなります。

しかし、「○○ちゃんがこれでよくなったから」という安易な理由で、
ある特定の人が視力回復に成功した方法を試してみたところで視力回復効果は期待でるとは限りません。

なぜなら、それはあくまでも他人の体験談であって、
あなたのお子さまの目の状態も全く同じとは限らないため
同様の効果を得ることができるという保障は全くないからです。

重要なので繰り返えさせていただきます。

ただ他人の体験談をノウハウにしたような視力回復法を試せば誰でも視力がアップする、
というものではないのです。

視力回復法とは誰にでも効果がなくてはなりませんし、
そして、誰にでも実行できるもの でなくてはいけません。

これが視力回復のプロとしての 私の持論です。

そして、様々な試行錯誤の上、たどり着いた答えを形にしたのが今からご紹介する
『アイ・トレーニング コンプリートパック』です。
多くのプロ野球選手やプロボクサーなど
この方法は、10年間で2098名のお子さまの視力を0.8以上に回復させてきた、
改善率90%以上を叩き出す、効果実証済みの視力回復法です。

アイ・トレーニングは、科学的トレーニングプログラムです。

NPO「日本視覚機能向上研究所」の人体メカニズムに対する研究と、
数多くの実験・検証を繰り返した末に完成しました。


>>>1日たったの13分でみるみるよくなる視力回復法~自宅トレーニングセット・CD-ROM,メールサポート付~





posted by こうちゃん at 20:48| Comment(0) | 視力回復 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月16日

楽々!視力アップマニュアル・トレーニングキット付き(CD-R&完成品トレーニングキット版)



「 眼科では 視力低下を治す治療法は“ない” 」 ことに 気づかれた あなたへ…


数ある中からご覧いただき、ありがとうございます!

目のフィットネスクラブ 『 アイトレーニング視快研 』 九州・山口地区、育視(イクシー)グループの カスタマー本部を運営しております、視力アップ推進委員会の 出口 隆 ( でぐち たかし ) と 申します。

私は数年前、6歳の男の子に出会うまでは、全国35店舗 展開しており最先端の視力回復トレーニングセンター 『 アイトレーニング視快研 筑紫通り店 』 を 運営していました。

そして、現在まで10年間に渡り、実践者の9割以上、延べ4,317名の 小中高生・大人の方が、一度低下した視力を、90日以内に 0.2 → 0.8以上へと回復され 卒業して行かれました。




あなたもご存知の通り、視力低下の原因の1つは、 眼疾患・先天的な目の障害ではない限り、 テレビ、パソコン、スマホ、携帯、テレビゲームや ニンテンドーDS、読書、絵を書く、など “モノを凝視し続ける”ことが原因です。

特に、物事に没頭しやすい “集中型” の方が なりやすい傾向にあります。

凝視し続ける。ということは、それだけ、目を動かす 眼球運動を行う機会も、まばたきの回数も減るため、次第に、肩こりのように 筋肉が収縮して固くなります。 他の体の筋肉と同じように、目の筋肉も 使わなければ衰え、機能も低下します。

実は、人間の目は、遠くのモノや 近くのモノを見るとき、高性能カメラのようにピントを自動的に調節し、被写体をクッキリ 鮮明に見えるよう働いているのですが、

その、ピントを調節しているのが “目の筋肉” なのです。

ですから、目の筋肉が凝ったり 疲れたり、衰えたりすると、ピントを合わせる調節力が低下し、被写体がぼやけたり、かすんで見えるようになり、さらに慢性化して 視力も低下します。


モノを見るには、目だけではありません。目から入った情報(色・形・大きさなど)を脳が 認識・理解して、初めて人はモノを見ることができます。

そのため、視力を回復させるには、目のピントを調節する筋肉と、
脳(右脳)の働きの両方を鍛えることが 必要不可欠なのです。

その2つを同時に、かつ、効率よく 鍛えられるのが、右の画像にあるナンバータッチのトレーニングです。 このトレーニングは、1分という限られた時間の中で数字を探し、1番から順番に 50番までタッチ
していく、スポーツ・ビジョン・トレーニングです。

眼球移動筋を鍛えるには 効果的な方法であり、眼の動きのコント
ロール能力を高め、効率よく眼を動かす力を 向上させます。あの、
日米通算4000本安打を達成 ( 2013.8.21 )した、世界的に
有名なプロ野球選手も取り入れているホド、効果の高い方法です。


>>>楽々!視力アップマニュアル・トレーニングキット付き(CD-R&完成品トレーニングキット版)








posted by こうちゃん at 01:31| Comment(0) | 視力回復 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。